曽爾村のフジバカマにアサギマダラがやってきた

奈良県曽爾村・屏風岩公苑の紅葉が始まる頃、曽爾村伊賀見には「曽爾街道風景つくり隊」により植えられた「藤袴(フジバカマ)」が満開となります。

秋の七草であるフジバカマに、渡り蝶「アサギマダラ」がやってきました。
アサギマダラは、春から夏に涼しい標高1000~2000mの高原地帯が繁殖地とされています。秋の気温低下と共に、本州の高原地帯から南の九州・沖縄そして海を越え台湾まで移動することもあります。
曽爾村に現れるのは、この移動途中だと思われます。

広告

広告


広告




 イベント情報

広告




ページ上部へ戻る