雨に濡れる佛隆寺の彼岸花(奈良県宇陀市榛原)

空海が唐から持ち帰った日本最古の茶を栽培したと伝わる「佛隆寺」(奈良県宇陀市榛原赤埴)。

197段の石段の両側に咲く10万本あったという彼岸花は、イノシシや鹿の食害に遭い壊滅状態となったが、植栽による復活プロジェクトが進められている。

広告

広告


広告




 イベント情報

広告




ページ上部へ戻る