談山神社「けまり祭り」大化の改新の蹴鞠にちなんだ行事(4月29日・11月3日)

「大化の改新」の談合を行った場所、談山神社で「けまり祭り」が行われます。

大化の改新は飛鳥時代の政治的改革で、中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足(藤原鎌足)らが蘇我入鹿を暗殺し、豪族中心の政治から天皇中心の政治に変革を遂げました。

中大兄皇子と中臣鎌足が出会うきっかけとなったのが、飛鳥法興寺(現飛鳥寺)の蹴鞠会(けまりのえ)です。
詳細⇒「紅葉で有名な談山神社は「大化の改新談合の地」、思ったよりDEEP

蹴鞠は、鞠を蹴り上げつぎつぎ渡しては受け合う古典的遊戯です。「春のけまり祭」は、4月29日 11:00~12:00頃、「秋のけまり祭」11月3日11:00~12:00頃 に談山神社で行われます。

広告

談山神社 春のけまり祭

「大化改新」の発端となった故事にちなんで行われるたいへん雅びな祭です。 現在は毎年、春は4月29日(昭和の日)と秋の11月3日(文化の日)に行われます。

開催期間

春:4月29日
秋:11月3日

時間

11:00~12:00頃

開催場所

談山神社 けまりの庭

51
〒633-0032 桜井市多武峰319
お問合わせ先 0744-49-0001 (談山神社)

奈良県桜井市多武峰319

5
駐車場 :バス 2,000円、他は 無料

JR・近鉄
桜井駅から談山神社行バス終点下車  徒歩3分

拝観

拝観時間 :08:30 ~ 16:30

. 大人 . 小人(小学生) 小学生未満
個人 600円 300円 無料
20~49名 550円 250円 無料
50名以上 500円 250円 無料

平成28年9月1日から入山拝観料の改定がおこなわれました。

DSC05586-1-2

蹴鞠(けまり)とは


(出典:ウイキペディア)
蹴鞠は1400程前に中国から伝わったと言われています。6名ないし8名で、鞠を足で蹴って地に落とさず蹴り続けて楽しむもので勝ち負けはありません。

烏帽子・鞠水干(マリスイカン)という上衣・鞠袴(マリパカマ)という独特な装束で行います。

鞠は二枚の鹿を縫い合わせたもので、直径17cmから18cm・重さ150gです。

優雅に行うことが大切で、鞠を蹴る姿勢は腰や膝を曲げる事なく、足の高さも足裏の見えない程度にあげます。かけ声は「アリ」・「ヤ」・「オウ」の三声の長短・抑揚で鞠の受け渡しを正確にして、鞠を奪い合ったり受けそんじのないようにしています。

広告

広告

九州を応援しよう!!(終了)

【九州ふっこう割(終了)】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

【旅行予約サイト情報】
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL

発売日は各社により異なります。
即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

 イベント情報

広告

ページ上部へ戻る