初瀬の棚田(奈良県桜井市初瀬)

初瀬(はつせ)の棚田
奈良県桜井市初瀬(はつせ)
古くから大和と伊勢神宮を結ぶ交通の要所である「初瀬街道」として栄えた。
現在でも、近鉄大阪線・国道165号線が通り、近くには西国三十三所第八番札所長谷寺がある。
国道165号線から見る棚田は、秋になると黄金色に輝き出す。

広告

広告


広告




 イベント情報

広告




ページ上部へ戻る