藤原宮跡の魅力(奈良県橿原市)

藤原京(ふじわらきょう)は、西暦694~710の16年という短い期間ですが持統・文武・元明の三代の天皇が治めました。ここで、日本の律令制の始まりとも言える、大宝律令(701)が制定され、和同開珎も鋳造されました。

都の中心にあったのが藤原宮で、東西925.4m、南北906.8m、面積は約84haという大規模な宮です。内部は、大極殿や朝堂院・朝集殿院などの政治施設と、天皇や皇后の住まいである内裏がおかれていました。

奈良市にある平城京ほど整備はされていませんが、広い空間からは、天香具山・耳成山・畝傍山が望め、今でも古代の天皇と同じ景色を眺めることができます。
現在、国の特別史跡に指定されており、世界遺産暫定リストにも記載され、将来世界遺産となる可能性もあります。

広告

花ゾーン

藤原宮跡には、5つの花ゾーンがあり春・夏・秋と花を楽しむことができます。
ここは、広い空間を活用し人工物が全く写らない写真を撮ることができるため、カメラ愛好者に人気の場所です。

春ゾーン

約25,000平方メートル一面の菜の花が咲き誇ります。
菜の花は、3月下旬から4月中旬位まで楽しめます。桜の開花時期は桜とのコラボが美しい景色です。

夏ゾーン

約7,000平方メートルにキバナコスモスを植栽されています。
7月下旬~8月中旬まで楽しめます。

秋ゾーン

約30,000平方メートルに8種類300万本のコスモスが咲きます。

朝堂院東ゾーン・蓮ゾーン

朝堂院東ゾーンでは季節の花が、蓮ゾーンでは蓮の花が植栽されています。

本当の魅力

回りに大きな建物のない広い空間が広がります。

広告

九州を応援しよう!!(終了)

【九州ふっこう割(終了)】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

【旅行予約サイト情報】
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL

発売日は各社により異なります。
即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

 イベント情報

広告

ページ上部へ戻る