「荒神の里・笠そば」石臼で挽いた地元産の蕎麦・9月末には真っ白な花

冷涼で寒暖差の大きい気候を好む蕎麦の産地といえば、北海道や長野を思い浮かびますが、奈良県にも蕎麦を作っている地域があります。

9月下旬になれば、あたり一面真っ白な蕎麦の花が咲くこの地域は、奈良県桜井市の東側の高原地域「桜井市笠地区」です。
近くに日本三大荒神で有名な「笠山荒神」があるところで標高400m~500mの高原です。

国営総合農地開発事業により開発された地域で、農地に平成4年から蕎麦栽培を行っています。平成6年以降は15haに増え、できた蕎麦を使ったそば処を笠山荒神前のプレハブ小屋で始め、平成15年9月から「荒神の里・笠そば」が完成しました。

dsc01048-1
(▲以前のそば処)

dsc01049-1
(▲現在の荒神の里・笠そば)

蕎麦は、8月に種を蒔き、9月に花が咲きに、10月末に刈り入れ、11月15日には新蕎麦が食べられるそうです。
短期間に栽培でき、除草も不要、農薬肥料も少量ですむ良い作物ですね。

広告

荒神の里・笠そば

安くて、風味の良い・つるつるした食感の本格的な蕎麦が味わえます。

風味は、朝夕の寒暖の差がある地元産の蕎麦粉で、昔ながらの石臼を使っているから、
玄蕎麦の中の実割り殻を取って製粉するので、つるつるした滑らかな食感になるそうです。

dsc02856-1

dsc02857-1

土日に行くと、行列ができています。

dsc02867-1
安くて美味しい蕎麦が食べられます。

dsc01057-1
荒神そば並570円、安いです。

dsc02868-1

dsc02869-1
外の景色を見ながら食べることもできます。

dsc02843-1
蕎麦の花

img252

img251

営 業

直売所  9:00~16:00
食堂  10:00~16:00

定休日

水曜日(但し、祝祭日と28日を除く)12月30日・31日

住 所

〒633-0133 奈良県桜井市大字笠4408

奈良県桜井市大字笠4408

関連記事>>かまどの神「笠山荒神」と地元産蕎麦を楽しむ「笠そば」

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

【旅行予約サイト情報】
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL

発売日は各社により異なります。
即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

 イベント情報

広告

ページ上部へ戻る