かまどの神「笠山荒神」と地元産蕎麦を楽しむ「笠そば」

かまどの神として信仰が深い「笠山荒神」と、100%地元産蕎麦の「挽きたて、打ちたて、ゆでたて」を味わうことができる「笠そば」を紹介します。

DSC01053-1

笠山荒神は、宝塚市の清荒神・野迫川村の立里荒神と共に日本三大荒神と言われています。

広告

日本第一笠山荒神社

三宝荒神とも称し、大地の神である土祖神(ツチノミオヤノカミ)・おき火の神である興津彦神(オキツヒコノカミ)・竈(カマド)の守護神である興津姫神(オキツヒメノカミ)の三神を祀ります。そのため、カマドの神・火の神として信仰されています。

笠山は荒神出自の源で、笠七岫七谷【ななみねななたに】の最高峰・鷲峯山【じゅぶさん】の頂に鎮まり坐す。
往古の鷲峯山は神奈備と仰がれ、笠の郷は神浅茅原と謂われ倭笠縫邑の神蹟伝承地であるなど、悠久の歴史を有します。
この笠山に我が国固有の大地の神、竈の神を奉斎。神仏習合を経て修験道が起こり、持統天皇亥歳、荒神その神姿をあらわし役行者によって、此処の峯に宝祠を営み祀られます。
聖武天皇の御代、南都大仏殿建立に際し良辯僧正勅を受け笠山に登り祈誓をなすと、荒神姿を現し奇瑞を示され、僧正その尊容を小木の板に描き留め、弘法大師空海この図像を模して木像に刻み荒神の尊像として安置されます。
爾来、高僧、修験者、陰陽師などが修行、祈誓をかけては奇瑞なる霊験をさずかる霊地として、朝野の崇敬は厚くなります。
明治初年、神仏分離によって、笠山荒神社となり奉斎。
三宝荒神とも称し、大地を守り、竈・火鎮めの神を祀る日本第一の笠山荒神で、その霊威は、善を助け悪を罰し、清浄を尊び不浄を誡め、火の神聖な機能によって除災招福を齋します。国民生活に関わる守護神としての御神徳は高く、敬虔なる祈りの絶えない荒神発祥の社であります。(参拝の栞より)

表参道から続く長い階段と石灯籠、そして鳥居から霊気を感じます。

DSC01031-1

DSC01028-1

DSC01026-1

DSC01019-1
DSC01020-1

本殿から北参道に向け石灯籠が続きます。

DSC01016-1 DSC01018-1

閼伽井不動

閼伽井の池は、古来高僧や修験者の霊場とされてきました。

DSC01032-1

DSC01035-1
弘法大師空海は遣唐使から帰国後、高野山建立を志し閼伽井の池で21日間の行を努めました。その後高野山開基後も再びこの池で、水業をこなし石造の不動明王を祀られました。

DSC01040-1

閼伽井の池は表参道傍らにあり、荒神参拝の清めの水に用いられています。

広告

笠そば

笠山荒神社の北参道鳥居の前に「笠そば」があります。
DSC01062-1

笠地区は標高が400m~500mとそば作りに最適な気候で、石臼で挽いた粉で、挽きたて・打ち立て・茹でたての手打ち風そばは、最高です。

DSC01057-1

国の農地開発事業に伴い農地の活用方法として、平成4年からそばの栽培に取り組んできました。そば栽培が笠の気候、風土に合ったため品質が良いそばが出来、現在約15haの畑地でそばを栽培しています。

奈良では珍しい地元産のそばを食べられるため、山間に関わらず「笠そば」ファンでいつもいっぱいです。

DSC01063-1

定休日
水曜日(但し、祝祭日と28日を除く)
12月30日・31日

営業時間
直売所   9:00~16:00
食  堂 10:00~16:00

奈良県桜井市笠4408  

関連記事>>「荒神の里・笠そば」石臼で挽いた地元産の蕎麦・9月末には真っ白な花
参考資料
100
101

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

【旅行予約サイト情報】
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL

発売日は各社により異なります。
即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

 イベント情報

広告

ページ上部へ戻る