「ナメゴ谷」天に龍が昇るような紅葉(奈良県上北山村)通行止め解除は2017年3月20日17時以降予定か?

「ナメゴ谷」奇妙名前であるが、写真を見ると名前と景色が不思議と一致する。
誰かが「天に龍が昇るが如く見える紅葉」とも表現しているが、その表現に納得する不思議な景色である。

dsc04965-1

針葉樹の山の中の尾根部分だけ広葉樹があるため、紅葉の季節になるとうごめく生き物のように見えてくる。

これは山火事の時、山頂へと延焼していくため、尾根部分に肉厚で水分の多い常緑広葉樹を植えて延焼を防ぐ防火林としたためだ。

「ナメゴ谷」の語源は、海のナマコやヌルヌルとしたキノコのナメコが由来かと、かってに思ってしまう。

%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%91

この景色は、ナメゴ谷を挟んで、北側から南側の山々を見る時に現れる。
秋の紅葉だけでなく、春の桜も常緑の針葉樹とのコントラストが美しい。

撮影するには、南方向で太陽に向かう方向となるため、撮影する時間を考えないと逆光となる。できれば、日の出後の数時間が尾根に斜光の入る時間帯である。
撮影スポットは、国道309号「行者還林道」と呼ばれる道沿いの64番カーブ付近。

一部には、車の対向が厳しい部分もあるので、運転には注意が必要である。
また、工事や通行止め区間があるため、道路状況を確認のうえ行かないと現地で残念なことになる。


広告

2016年11月10日現在道路状況

【再変更】 国道309号ナメゴ谷の紅葉~11月21日午前8時から通行止

最近問い合わせの多い、国道309号(行者還林道)のナメゴ谷の紅葉の眺望ですが、道路標番号64番をそのポイントとしてご案内していますが、本日、吉野土木事務所から「11月21日午前8時より、道路標番号9番先のゲートから行者還トンネル東口から900m地点、道路標番号90番の間を通行止めにする」連絡がありました。道路標番号64番より下の部分で道路拡張工事を実施するためのようです。12月12日からは冬期通行止となるので、結局、今シーズンは11月21日午前8時までしか行けないということになります。11月14日からの予定が11月21日に変更されました。

再掲します。 今シーズンは、64番のポイントでの眺望は、11月21日午前7時半ごろまでしかできません。道路標番号9番先のゲートで8時に通行止となりますのでご注意下さい。

規制終了は、2017年03月20日17:00時予定です。

詳細は上北村HP>>http://vill.kamikitayama.nara.jp/kanko/

dsc05030-1

dsc05046-1

関連記事>>「高城山」赤い紅葉と落葉の絨毯(奈良県・吉野町)2016年11月中下旬が見頃

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

【旅行予約サイト情報】
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL

発売日は各社により異なります。
即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

 イベント情報

広告

ページ上部へ戻る