「大和出雲」の野見宿禰と十二柱神社について調査した(奈良県桜井市)

奈良県は、相撲発祥の地と伝えられている。日本書紀によると、力自慢の當麻村の「當麻蹴速(たいまのけはや)」と出雲の国の「野見宿禰(のみのすくね)」が垂仁天皇の前で命がけで力比べをしたのが始まりである。

85
(出典:葛城市HP)

當麻村の當麻蹴速は、現在の奈良県葛城市當麻(たいま)に当たるのは疑いの余地はないと思う。
しかし、野見宿禰は島根県の出雲を指すと思われているが、奈良県桜井市にも出雲村があり実際に野見宿禰の墓も存在していた。

今回は、奈良県桜井市出雲について調べてみた。

広告

相撲発祥の地

大兵主神社神域の小字カタヤケシ(現在の桜井市穴師)において、野見宿禰と当麻蹴速が、日本最初の勅命天覧相撲を行った。

DSC00251-1

日本書紀 ―垂仁紀七年七月乙亥条―
七年の秋七月の己巳の朔にして乙亥に、左右奏して言さく、「当麻邑に勇悍の士有り。当麻蹴速と曰ふ。其の為人、力強くして能く角をかき鉤を申ぶ。恒に衆中に語りて曰く、「四方に求むに、やまかんむり豈我が力に比ぶ者有らむや。何とかも強力者に遇ひて、死生を期はず、頓に争力すること得てむ」といふ」とまをす。天皇聞しめして、群卿に詔して曰はく、「朕聞かく、当麻蹴速は天下の力士なりと。若し此に比ぶ人有らむや」とのたまふ。一臣進みて言さく、「臣、聞るに、出雲国に勇士有り。野見宿禰と曰ふ。試に是の人を召して蹴速に当せむと欲ふ」とまをす。即日に、倭直が祖長尾市を遣し、野見宿禰を喚す。是に野見宿禰、出雲より至りしかば、当麻蹴速と野見宿禰とに捔力せしむ。二人相対ひ立ち、各足を挙げ相蹴う。則ち当麻蹴速が脇骨を蹴ゑ折り、亦其の腰を踏み折りて殺す。故、当麻蹴速が地を奪りて悉に野見宿禰に賜ふ。是を以ちて、其の邑に腰折田有る縁なり。野見宿禰は及ち留り仕へまつる。

出雲を島根県とする説は、当麻邑(村)に対して出雲国としているため、一般的に国といえば大きな地域をさすためであろう。
大和出雲説は、「即日」にという記述があるので当時の交通状況から考えて「即日」は不可能である。そのため島根県というのも疑問が残るということだろう。

出雲村

奈良県には、他国の地名が多いことは事実である。吉備・但馬・三河・阿波・薩摩・兵庫・土佐・武蔵etc.etc、都があったため各国から集団で移動してきたと推測される。

出雲村もそういう理由から付いた名前かと考えていた。しかし、出雲村の地名は古く平城京以前にも、「古事記」「日本書紀」「万葉集」にも出てくる。

二十五代雄略天皇の皇居泊瀨列(烈)城宮跡や二十一代雄略天皇の泊瀨朝倉宮跡も近く、「古事記」に継体天皇の皇女に「出雲朗女」という名前もでてくる。

DSC00648-1

このように歴史的遺産が多い地に、野見宿禰の墓と言われる古墳があった。場所は出雲村字太田の畑中で、鎌倉期の一千貫(約3750kg)高さ2.85mの五輪塔が置かれていた。

江戸時代の頃から江戸相撲・京阪相撲の巡業時に伊勢街道を通過しその時に力士が宿禰塚を参拝していたという。
力士一行に群がる見物人が畑を荒らすので、畑主が五輪塔を十二柱神社に移したという。

その後古墳を発掘したが、古墳の築材を砕いて畦道や住宅の庭石や、記念碑に使ったりしたそうだ。

DSC00660-1

img215
(出典:桜井市史)

五輪塔は、高さ2.85mで奈良では3番目の大きさである。五輪四面に単独梵字仏をあらわす日本唯一の古塔である。

古墳の発掘は、文政7年(1824)・明治16年(1833)・大正6年(1920)と行われているが、現在は古墳の封土はなくなっており平坦な畑となっている。

以前の発掘では木棺らしき仕切りの中から高価な朱が大量に出てきたため、相当な権力者のものと推測されるが、破壊された古墳の再調査については、桜井市1万カ所以上の古墳の1つであるため実施されない可能性が高い。

この墓が本当に「野見宿禰」というのを証明する事は相当困難である。

十二柱神社

十二柱神社は桜井市出雲(大和出雲村)のほぼ真ん中にある。

DSC00640-1

十二柱とは12の神様を祀ることからつけられた名前だ。国常立神(くにとこたちのかみ)など神世七代の神々と、天照大神など地神五代の神々を祀っている。
昔は神殿はなく、三輪山の東方、古代の出雲の集落があったダンノダイラとよばれる磐座(いわくら)を祀っていたという。

DSC00657-1

鳥居脇の狛犬は、四人の力士がささえている珍しい狛犬である。文久元年(1861)作で石工当邑岡田や久吉と記入されている。

DSC00642-1

DSC00664-1

DSC00653-1

神社内には、はじめに紹介した野見宿禰の五輪塔や泊瀨列(烈)城宮跡など見どころは多い。

DSC00646-1 DSC00647-1 DSC00652-1

アクセス

〒633-0122 桜井市出雲
西名阪自動車道天理ICから国道169号、165号経由、約16km、約35分
桜井駅北口から与喜浦・小夫方面行き桜井市コミュニティバスで約13分、出雲下車、徒歩約3分

奈良県桜井市出雲 十二柱神社

問い合わせ先 TEL 桜井市観光課 0744-42-9111

広告

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

【旅行予約サイト情報】
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL

発売日は各社により異なります。
即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

 イベント情報

広告

ページ上部へ戻る