東大寺大湯屋内部初公開

鎌倉時代の口径約230cm・高さ約80cmの大きな鉄湯船がある東大寺大湯屋内部が初公開されました。

建物と鉄湯船は重要文化財で、1180年南都焼討にて炎上後、重源上人により再建された。現在では判読困難であるが銘により、建久8年(1197)鋳物師の草部是助が造ったとされている。

広告

広告


広告




 イベント情報

広告




ページ上部へ戻る