東大寺「良弁僧正坐像・執金剛神立像・俊乗重源上人坐像」国宝秘仏3像他特別開帳12月16日

(国宝 良弁僧正坐像)

大仏で有名な東大寺の、国宝・重文秘仏がが一挙に見ることができる日がある。
それは、毎年12月16日。その日は、東大寺初代別当・良弁僧正(ろうべんそうじょう)の良弁忌が行われる日である。

良弁僧正は、「子供の頃に鷲にさらわれ二月堂の下の杉にひっかけ食べようとしたところ、胸の当たりに後光がさしたため、鷲が驚き食べられるず助けられ僧になった」という伝説である。

良弁僧正は、後に東大寺創建に尽力し「東大寺初代別当」となった。

12月16日
開山堂 良弁僧正坐像(秘仏・国宝)
法華堂 執金剛神立像(秘仏・国宝)
俊乗堂 俊乗重源上人坐像(秘仏・国宝)阿弥陀如来立像(秘仏・重文)愛染明王坐像(秘仏・重文)
の特別開帳が実施される。

広告

開山堂の国宝 良弁僧正坐像

東大寺二月堂下、四月堂北側白壁の囲みの中に開山堂がある。東大寺の初代別当良弁僧正を、おまつりしたお堂で国宝に指定されている。その内陣中央に八角造の厨子が据えられ、国宝の僧正像が安置されている。

100

制作年代:平安時代(10世紀~11世紀)
像高:92.4cm
制作材質:木造
安置場所:開山堂

開扉情報

12月16日
開山堂月例寺役法要終了後
(10時頃~16時頃まで/有料)

法華堂の国宝執金剛神像

東大寺法華堂(三月堂)に安置されている仏像で有名なのは、本尊不空羂索観音立像(ふくうけんさくかんのんりゅうぞう)が有名であるが、その背後に扉の閉まった厨子がある。

厨子の中に、執金剛神立像(しゅこんごうじんりゅうぞう)が安置されている。
執金剛神像とは金剛杵を執って仏法を守護する神のことで、金剛力士(仁王)はこの神将が発展して生まれたといわれている。

hokke

制作年代:奈良時代
像高:173cm
安置場所:法華堂

開扉情報

12月16日
09:00~16:00
入堂料:有料

俊乗堂の国宝俊乗重源上人坐像・重文阿弥陀如来立像・重文愛染明王坐像

俊乗房重源上人は、治承四年(1180)東大寺炎上後の復興事業にあたり、諸国を勧進し源頼朝公らの協力を得、宋人陳和卿らをもちいるなどして大仏さまを修復・鋳造に功を遂げた。
この像は、その菩提を弔うために弟子等が造立したと伝えられている。

俊乗堂は、公慶上人が重源上人の功をたたえ菩提を祈るためにここに建てたもので、重源上人坐像(国宝)・阿弥陀如来立像(釘打の弥陀、快慶作・重文)・愛染明王像(重文)が安置されている。

p2-2

制作年代:鎌倉時代(13世紀)
像高:81.8cm
制作材質:木造 彫眼  彩色
安置場所:俊乗堂

開扉情報

12月16日
09:00~16:00
入堂料:有料

アクセス

奈良県奈良県奈良市雑司町406−1

85
奈良県奈良市雑司町406−1
JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分
または
近鉄奈良駅から徒歩約20分

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

【旅行予約サイト情報】
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL

発売日は各社により異なります。
即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

 イベント情報

広告

ページ上部へ戻る