「奈良西大寺展」東大寺に並ぶ幻の大寺院の名宝(東京・大阪・山口3会場を巡回)

「奈良西大寺展」は、2017年4月15日(土)~6月11日(日)東京三井記念美術館・2017年7月29日(土)~9月24日(日)あべのハルカス美術館・2017年10月20日(金)~12月10日(日)山口県立美術館で開催される。

南都七大寺の一つで、2015年に創建1250年を迎えた「西大寺」。
奈良時代の争いの絶えなかった時期に、称徳天皇(当時孝謙上皇)が鎮護国家と平和祈願のために四天王像の鋳造鋳造を発願したことが始まりとされる。

当時、東大寺に次ぐ寺域を誇った西大寺も平安京遷都後は急速に衰退し、兵火・落雷などで伽藍が縮小していった不運な歴史がある。
しかし、鎌倉時代に高僧・叡尊が密教において戒律を重視した教えを広め、弟子の忍性は貧者・病人の救済にあたるなどして発展し、数多くの仏教美術の名品をいまに伝えている。
102
国宝「興正菩薩坐像」(奈良・西大寺)

「奈良西大寺展」では、西大寺をはじめ一門の各寺院に伝わる超一級の彫刻・絵画・工芸品など優れた仏教美術を紹介される。
西大寺と一門の名宝がまとめて公開されるのは、1990~91年の「西大寺展」(奈良・東京を巡回)以来、四半世紀ぶり。

広告

奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝

総本山西大寺の寺宝を一堂に
西大寺蔵の彫刻や絵画、工芸、古文書など国宝、重要文化財を含む名宝の数々を公開します。
新たに国宝に指定された「興正(こうしょう)菩薩坐像」と重要文化財「愛染明王坐像」が3会場を巡回するほか、重要文化財「文殊菩薩四侍者像」が東京展・山口展を巡回します。大阪展では「塔本四仏坐像」を4体揃えて展示します。

真言律宗一門の諸仏と宝物
京都・浄瑠璃寺の秘仏、重要文化財「吉祥天立像」を東京展・大阪展にて期間限定で公開します。また、重要文化財「聖徳太子立像(孝養像)」(奈良・元興寺)、重要文化財「五大明王像(厨子入)」(奈良・宝山寺)、重要文化財「文殊菩薩騎獅像」(奈良・般若寺)をはじめ、真言律宗一門から選りすぐりの寺宝を展示します。

地域性も豊かな展示構成
鎌倉時代以降、東国・畿内・瀬戸内や九州に至る真言律宗の地域的な広がりと信仰のかたちを3会場独自の展示構成で紹介。当時の僧侶や関係者の足跡を辿ります。

東京展

期間:2017年4月15日(土)~6月11日(日)
場所:三井記念美術館
東京都中央区日本橋室町2-1-1三井本館7階(ハローダイヤル 03-5777-8600)

HP>>http://www.mitsui-museum.jp/
主催:真言律宗、総本山西大寺、 三井記念美術館、日本経済新聞社

大阪展

期間:2017年7月29日(土)~9月24日(日)
場所:あべのハルカス美術館
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階(TEL 06-4399-9050)

HP>>http://www.aham.jp/
主催:真言律宗、総本山西大寺、あべのハルカス美術館、日本経済新聞社

山口展

期間:2017年10月20日(金)~12月10日(日)
場所:山口県立美術館
山口県山口市亀山町3-1(TEL 083-925-7788)

HP>>http://www.yma-web.jp/
主催:真言律宗、総本山西大寺、山口県立美術館、日本経済新聞社

2017年01月13日09時27分31秒

2017年01月13日09時27分32秒

関連記事>>「西大寺」奈良の幻の大寺と言われるている?

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

【旅行予約サイト情報】
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL

発売日は各社により異なります。
即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

 イベント情報

広告

ページ上部へ戻る