三大山城・高取城の紅葉(奈良県高取町)

標高583mの高取山山上に築かれた高取城は、日本国内最大規模の山城で、備中松山城(岡山県)・岩村城(岐阜県)とともに日本三大山城と言われている。
明治時代廃城され、現在は石垣や石塁が残るだけであるが、その規模から大きさを想像することができる。

広告

広告


広告




 イベント情報

広告




ページ上部へ戻る