手向山八幡宮の御田植(オンダ) 2019

手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)は、奈良市の東大寺大仏殿前の道を東に行った正面に位置します。
御田植(オンダ)は、穀物に感謝しつつ五穀豊穣を祈願する祭事で、毎年節分の日に行われています。

神に対して最も望ましい稲作の過程を演じてみせて、その年の豊作を祈るもので、田主を中心に苗代の水口祭から田植えまでが演じられ、犂(すき)を使う場面では牛役の男子(牛童)、田植えの場面では早乙女役の女子が参加します。

広告

広告


広告




 イベント情報

広告




ページ上部へ戻る