「唐招提寺 うちわまき・ 中興忌梵網会」5月19日

唐招提寺の「うちわまき」は、鎌倉時代の大悲菩薩覚盛(だいひぼさつ・かくじょう)上人が、修行中に蚊にさされているのを見た弟子が叩こうとしたところ、

「自分の血を与えるのも菩薩行である」といい戒めたという故事から、上人が亡くなった後に「団扇で蚊を払って差し上げよう」と法華寺の尼僧がハート型うちわを供えたことが始まりです。

上人の命日の5月19日に、中興忌梵網会(ちゅうこうきぼんもうえ)法要が行われ、その後に「うちわまき」が実施されます。

「中興忌梵網会」では、法要と舞楽奉納が講堂で行われます。

56

広告

中興忌梵網会

鎌倉時代に戒律復興運動を推進した指導者の一人で、鑑真和上が伝えた戒律を厳守する生活を送られた、唐招提寺中興の祖・大悲菩薩覚盛上人の祥月命日の5月19日に、その御遺徳を偲び法要と舞楽奉納が講堂で行われます。

日 時

毎年5月19日 13時~14時

場 所

講堂

うちわまき

上人の命日に執り行われる中興忌梵網会(ちゅうこうきぼんもうえ)の法要の後、舎利殿(鼓楼)から1500本のうちわがまかれます。
安全のため、そのうちの数百本は僧坊で手渡ししております。

うちわを授かることは、病魔退散や魔除けのご利益があるといわれています。

55

日 時:毎年5月19日 15時~
場 所:舎利殿(鼓楼)

午前9時から先着400人に参加券を配布し、午後3時から400本限定で国宝の鼓楼からまかれます。また、配布の1.000本は抽選で午後3時まで抽選券を配布。「うちわまき」終了後、当選者を発表します。

拝観時間

8:30~17:00(受付は16:30まで)

拝観料
料金適用 大人 大学 高校 中学 小学
個人 600 600 400 400 200
団体 (30人以上) 480 480 320 320 160
御影堂(開山忌、観月会) 500 500 300 300 200
新宝蔵 200 200 100 100 100

団体料金は30人以上
学校の引率者は無料
身障者は半額(介護者1名も半額)
奈良市在住で老春手帳持参の方は、南大門拝観料が無料になります。
特別展は上記拝観料のほかに別途料金がかかります。

所在地

住  所      〒630-8032 奈良市五条町13-46
電話番号      0742-33-7900
ファックス番号 0742-33-5266

奈良県奈良市五条町13-46

DSC01208-1

DSC01215-1

DSC01233-1

DSC01258-1

DSC01282-1

DSC01140-1

DSC01314-1

広告

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

【旅行予約サイト情報】
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL

発売日は各社により異なります。
即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

 イベント情報

広告

ページ上部へ戻る